コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

個物 コブツ

大辞林 第三版の解説

こぶつ【個物】

〘哲〙 個々のもの。「個体」に同じだが、このもの、あのものと示しうる特定の「物」の意で広く用い、特に、普遍ないし一般者に対するものとしていう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の個物の言及

【西洋哲学】より

…この対概念がその後〈形式formaと質料materia〉〈形式Formと内容Inhalt〉と呼び替えられて,形而上学的思考様式の基本的カテゴリーとして働いたことは,カントが《純粋理性批判》の〈反省概念の多義性〉の章で指摘しているとおりである。中世の普遍論争において特に論議の対象となった〈普遍‐個物〉ないし〈一般‐特殊〉という対概念も以上のような経緯と深くからみ合いながら形成されたものと考えてよい。
【本質存在(エッセンティア)と事実存在(エクシステンティア)】
 このように形而上学的思考様式のもとで個々の事物が形相と質料の結合体としてとらえられることによって,もともと単純であるはずの〈存在〉概念,〈ある〉という概念が二義的に分裂することになる。…

※「個物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

個物の関連キーワードアナクサゴラスアデラルドゥスアンチステネスコリスモススペルマタミメーシスメテクシスタイプ理論自己同一性述語論理学白馬非馬論場所の論理個体主義ドラビヤ同一哲学具体概念普遍論争我他彼此普通名詞第二質料

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android