コリント遺跡(読み)コリントイセキ

デジタル大辞泉の解説

コリント‐いせき〔‐ヰセキ〕【コリント遺跡】

Palaia KorinthosΠαλαιά Κόρινθος》ギリシャ南部の都市コリントにある都市遺跡。現在のコリントから内陸に約8キロメートル入った場所に位置する。紀元前8世紀頃にドリス人のポリス(都市国家)が成立。交通の要地であるコリント地峡を擁し、商工業都市として発展した。紀元前2世紀頃に衰退したが、古代ローマ時代に属州の州都として再び繁栄。ドリス式の列柱をもつアポロン神殿は紀元前6世紀頃のものとされ、同国に現存する神殿の中で最も古いものの一つ。音楽堂、ピレーネの泉、エウリクレスの大浴場をはじめ、古代ローマ時代に造られたものが多い。考古学博物館には紀元前8世紀から7世紀頃のコリント式陶器などの出土品が展示されている。コリントス遺跡コリンソス遺跡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android