コルジリネ(英語表記)Cordyline

大辞林 第三版の解説

コルジリネ【Cordyline】

リュウゼツラン科センネンボク属の観葉植物の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

コルジリネ

リュウゼツラン科の一属。熱帯〜亜熱帯産の木本(もくほん)で十数種ある。観葉植物として鉢植にされて普通に見られるコルジリネ・テルミナリス(和名センネンボク)は東ヒマラヤ・中国南部〜オーストラリア北部に産し,高さ1〜3m,葉は長さ30〜75cm,幅5〜13cm。園芸品種が多数あり,葉の色はさまざまで,斑(ふ)・しま・覆輪が入って美しい。また一般にドラセナと称して庭木にされる高木性の樹種はコルジリネ・オーストラリス(和名ニオイシュロラン)とコルジリネ・インディビサ(和名アツバセンネンボク)で,どちらも原産地のニュージーランドでは高さ10mに達する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android