コレット(Camilla Collett)(読み)これっと(英語表記)Camilla Collett

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コレット(Camilla Collett)
これっと
Camilla Collett
(1813―1895)

ノルウェーの女流小説家。国民詩人ウェルゲランの妹。兄の論敵の詩人ウェルハーベンとの悲恋から長い外国旅行に出て、帰国して年少の夫と結婚、未亡人になってから創作活動を始める。匿名で発表した『知事の娘』(1855)は自己の体験に基づいて女性解放を説いた作。少女時代の回想記『長い夜に』(1862)、女性のために弁じたエッセイ集『唖(あ)者の陣営から』『流れに逆らって』などが知られる。イプセンが『人形の家』などを書いたのも彼女の影響によるという。

[山室 静]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android