コングル山(読み)こんぐるさん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コングル山
こんぐるさん / 公格爾山

中国、新疆(しんきょう/シンチヤン)ウイグル自治区西部、崑崙(こんろん/クンルン)山脈西部の高峰。標高7719メートル。南をヤルカンド河の支流タシコルガン川、北をカシガル河の支流ゲズ川の谷が限るコングル山群の主峰であり、パミール高原の最高峰である。タリム盆地からインドに至る昔からの交通路がこの山群の西を通る。1956年、中ソ合同登山隊が主峰の北西にあるコングル九別峰(7595メートル)に初登頂、81年イギリス隊が主峰に初登頂した。[酒井敏明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android