タリム盆地(読み)タリムボンチ

百科事典マイペディアの解説

タリム盆地【タリムぼんち】

中国,新疆ウイグル自治区の南半を占める乾燥盆地。漢字では塔里木盆地。天山・崑崙(こんろん)両山脈の間にあり,西はパミール高原に限られる。中部にはタクラマカン砂漠,北縁はタリム川が東流,東端にロブ・ノールがある。周辺の山麓扇状地上にはオアシス都市があり,これらを中心に綿花・小麦・雑穀・果実・絹などの産がある。古来シルクロードの通過地で,東西交通の要路。おもなオアシス都市にヤルカンドカシュガルホータンアクスがあり,乾燥化によって廃虚となったものに楼蘭ニヤ,インバン,アンデレ,古ホータンがある。19世紀末より,ヘディンスタインペリオ橘瑞超らが探検し,古代遺跡を調査。約53万km2
→関連項目クチャ高昌崑崙山脈西域新疆新疆ウイグル自治区中央アジア天山山脈

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タリムぼんち【タリム盆地 Tarim】

中国の北西,天山山脈の南,崑崙山脈の北の盆地。塔里木盆地と漢字表記される。〈アジアの心臓〉とも称される。東西約1500km,南北約600km,面積約53万km2。地質時代の湖が陸地化し,さらに乾燥気候で中央に広大なタクラマカン砂漠ができた。しかし,周囲には山脈からの河川によるオアシスが点在し,古くはここに都市が発展,〈天山南路〉が栄えた。9世紀中ごろウイグル族がこの地に支配を確立し,今日もその特色がみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タリム盆地
たりむぼんち / 塔里木盆地

中国、新疆(しんきょう)ウイグル自治区南部にある盆地。北は天山、南西はカラコルム、南は崑崙(こんろん)、アルトゥンの各山脈に囲まれ、東西約1500キロメートル、南北約600キロメートルで、中国最大の内陸盆地である。年降水量25~40ミリメートルで、著しく乾燥し、砂漠が発達、全国の砂漠面積の47%を占める。盆地中央部にはタクリマカン砂漠があり、面積53万平方キロメートル、大部分が移動砂丘で、砂丘の高さは普通80~150メートルで、三日月形や格子状、魚鱗(ぎょりん)状などさまざまな形状を示す。北縁にはタリム河が東流し、また砂漠の中にはケリヤ河、ホータン河など多数の河川が流れ込むが、多くはワジ(涸(か)れ谷)や流失河川となる。周囲の山麓(さんろく)地域にはゴビ(礫質(れきしつ)砂漠)のほか、オアシスが広がり、アクス、カシュガル、ホータン、ケリヤなどの集落が発達し、放牧や灌漑(かんがい)による農業が行われ、小麦、トウモロコシや米、ワタ、果樹などの栽培が盛んである。[駒井正一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android