コンコイド(読み)こんこいど

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンコイド
こんこいど
conchoid

平面曲線の一つ。曲線Cが極座標を用いてr=f(θ)と表されているとき、bを一つの定数として、r=f(θ)+bによって表される曲線C′を、Cの、極0に関するコンコイドという。
 曲線Cとして、直線r=a secθをとった場合をニコメデスのコンコイドという。bの値によって、いろいろな形の曲線になる。これは、直交座標系では、
  (x-a)2(x2+y2)=b2x2
と表される。
 曲線Cとして、円r=a cosθをとったものをリマソン(蝸牛線(かぎゅうせん))という。[竹之内脩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコンコイドの言及

【曲線】より

…原点Oと点A(a,0)を結ぶ線分を直径とする円を考え,この円周上の動点Qに対し,直線OQと直線xaとの交点をRとして,線分OQ上に点PをOPとQRの長さが等しくなるようにとれば,Pはこの曲線を描く。(2)方程式(xa)2(x2y2)=b2x2(a,bは正の定数)で表される四次曲線をコンコイドconchoidまたは螺獅(らし)線という(図6)。直線xa上の動点Qに対し,直線OQ上に長さbの線分QPをQの両側にとれば,Pはこの曲線を描く。…

【リンク装置】より

…また,機構の製作精度を高めることにより運動を正確に伝えることもできるので,その利用範囲は非常に広い。 リンク装置の古い利用例としては,コンコイド曲線の発見者のニコメデスNikomedesによるものがある(前2世紀ころ)。コンコイドとは図1のように定規B上の点Cが,定規Aの溝に沿って動くとき,定規Bの先端Pが描く曲線のことである。…

※「コンコイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android