コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンセーユ・デュ・ロア コンセーユ・デュ・ロアConseil du roi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンセーユ・デュ・ロア
Conseil du roi

フランス革命前のフランス王権の中央行政機関。カペー朝時代の国王会議 curia regisに起源を発する。 17世紀の改革 (1610~61) を通じて,王家の家政機関から国家の中央行政機関へと発展した。その構成は国務大臣,大法官,財務総監,国務卿を中心に,必要に応じて国王顧問官や若手の請願審理官が参加した。最高会議 Conseil d'en hautを中心に,司法,内務,財政,宗教,軍事の各国務会議に専門分化し,これに対応して地方行政の担当者としてアンタンダンが各地に配置されて集権的国家行政機構を形成した。この中央機関は,最高裁判権や立法上の優位権をめぐって高等法院の権限収奪をはかり激しい抗争を繰返した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンセーユ・デュ・ロアの関連キーワードカラス事件

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android