コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンツェルマン Conzelmann, Hans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンツェルマン
Conzelmann, Hans

[生]1915.10.27. タイルフィンゲン
[没]1989.6.20. ゲッティンゲン
ドイツのプロテスタント神学者。新約聖書学者。 1952年にテュービンゲン大学神学部に提出した博士論文『ルカ福音書の地理的表象』によって学界に登場し,ハイデルベルク,チューリヒなどの諸大学を経て,60年以降ゲッティンゲン大学教授をつとめた。学問的系譜からいえばブルトマン学派に属するが,『時の中心』 (1954) と題するルカ神学の研究において,従来の様式史的研究をさらに一歩進めた編集史的研究方法を駆使して,福音書研究に新しい時代を開いた。上記のほか,主著『新約神学概論』 Grundriss der Theologie des Neuen Testaments (67) のほかに,"Die Apostelgeschichte" (63) ,"Geschichte des Urchristentums" (69) ,"Theologie als Schriftauslegung" (74) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンツェルマンの関連キーワードブルトマン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android