コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンドン遺跡 コンドンいせきKondon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンドン遺跡
コンドンいせき
Kondon

ロシア極東地方,アムール川下流部のコムソモリスク付近の新石器時代遺跡。デビャトカ川とアムール川との合流点に位置している。楕円形ないし円形の半地下式住居で,中央に炉があった。多量の石器や土器片が住居の床や竪穴の埋め土に散らばっていた。土器には渦巻状の刻線文が施されており,粘土の小さな女性像も発見された。この遺跡は,これより下流のスーチュー島遺跡と多くの点で共通しており,アムール川下流部の新石器文化をよく示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android