コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンバットシミュレーター combat simulator

世界大百科事典 第2版の解説

コンバットシミュレーター【combat simulator】

航空機の地上訓練装置の一種。フライトシミュレーターが離着陸飛行の訓練を目的とするのに対し,本装置は空中戦闘飛行の訓練を主目的とし,操縦者は,操縦室外の模擬視界の中で計算機のリアルタイム処理による目標機の動きを追いながら操縦する。任意の操縦訓練が,地上でしかも繰返し再現可能なため,安全性,経済性に優れており,実際の飛行訓練の前の慣熟用,あるいは新型機開発時の設計用道具としても活用される。【別府 信宏】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android