コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンパレータ こんぱれーた

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンパレータ

集積回路(IC)に搭載されている、2つの入力信号を比較してその結果を出力する装置のこと。比較器とも呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンパレータ
comparator

比較測長器ノギス,マイクロメータなどによる寸法測定は,測定物の絶対寸法を直接読取る直接測定法であるが,ダイヤルゲージ空気マイクロメータなどによる寸法測定では,あらかじめ寸法が高精度にわかっているブロックゲージなどの寸法を基準とし,これと測定物の寸法の差のみを測定することによって,絶対寸法を知る比較測定法を用いている。一般にこのような比較測定による長さの測定器をコンパレータと称する。通常,長さの測定器は高精度になるほど測定範囲が狭くなるので,比較的長い寸法を精度よく測定するために用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンパレータの関連キーワードair micrometerマイクロインジケーター電気マイクロメーター電気マイクロメータフォトコンパレータ点滅コンパレーターオプチメーター比較測長器測微指示計電気計測演算装置光学器械集積回路ウォルフ測長機測微計

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンパレータの関連情報