コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンビニ受診 コンビニジュシン

1件 の用語解説(コンビニ受診の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コンビニ‐じゅしん【コンビニ受診】

夜間や休日など一般診療時間外に軽症患者などが救急外来を受診すること。急病ではない患者が、仕事など自分の都合を優先させて、日中の一般診療と同じような感覚で救急外来を利用すること。重症患者などの受け入れや入院患者の急変対応などに支障が生じるほか、医師の超過勤務・過労の一因ともなり、救急医療体制の崩壊につながるとして問題視されている。
[補説]特に小児救急外来でコンビニ受診の増加が著しい。これは、小児科開業医の減少や、核家族化による親の知識不足・不安過剰などによるものと考えられ、各自治体では抑制策として夜間小児救急電話相談などの急病相談を実施している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンビニ受診の関連キーワード残業(時間外)救急医療時間外所定外賃金ダブルワーカーダブルワーク在宅療養支援診療所救急医療と輪番制度名古屋市の2次救急輪番県内の救急医療

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンビニ受診の関連情報