コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過労 カロウ

3件 の用語解説(過労の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か‐ろう〔クワラウ〕【過労】

身心を損ねるほど働きすぎて疲れがたまること。「過労から病気になる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かろう【過労】

体や頭脳を使いすぎて、疲労すること。 「 -で倒れる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過労
かろう

過労とは、疲労が回復しないうちに、次の疲労が加わり、これが繰り返されて、疲労が蓄積した状態とされる。疲労は生体の防御反応の一つと考えられ、だるさ、食欲不振などを訴えるが、休養すれば回復するものである。しかし、実際には一晩の睡眠で完全に回復する場合もあれば、休日などの休養で回復する場合もあるというように、種々の程度がある。いずれにしても、過労に対しては、疲労を回復させることがだいじであり、多忙になりやすい現代では、1日の疲労を一晩で回復することは不可能でも、1週の疲労は休日で回復することに努めるなど、いわゆる生活の知恵が望まれる。また、疲れ(疲労感)は、種々の病気の全身症状としても自覚されることが多いため、回復しにくい疲労の場合、簡単に過労と自己診断することは危険で、医師の診察を必要とする。[渡辺 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の過労の言及

【疲労】より

…一般的には繰り返し力を出したり運動したときに,その結果,作業能力や運動能力が減退したときと解される。一方,学者によって多くの定義がなされ,たとえば大島正光によれば,〈主として主観的な感じで,客観的に計測される種々の現象,仕事の内容の変化などをもとにした抽象化された一つの約束される概念で,直接計測の対象になるものではない〉とされ,また,斎藤良夫によれば〈持続能力の困難性,休息要求や仕事への嫌悪感や逃避として体験され,一過性のものでなく持続した体験であり,過労を前もって予見される形で体験されるもの〉とされる。この場合,過労とは小木和孝によれば〈日常生活のさまたげになる後影響の生じた疲労,すなわち何らかの健康障害を生じ,最終的には労働や学習能力の損失をきたした状態〉をさす。…

※「過労」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

過労の関連キーワード倦労損ねる美観行過ぎる金持ちと灰吹きは溜まるほど汚い食兼ねるくたば・る奔命に疲れる焼過ぎる帰るには遠すぎて

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

過労の関連情報