コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過労 カロウ

デジタル大辞泉の解説

か‐ろう〔クワラウ〕【過労】

身心を損ねるほど働きすぎて疲れがたまること。「過労から病気になる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かろう【過労】

体や頭脳を使いすぎて、疲労すること。 「 -で倒れる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過労
かろう

とは、疲労が回復しないうちに、次の疲労が加わり、これが繰り返されて、疲労が蓄積した状態とされる。疲労は生体の防御反応の一つと考えられ、だるさ、食欲不振などを訴えるが、休養すれば回復するものである。しかし、実際には一晩の睡眠で完全に回復する場合もあれば、休日などの休養で回復する場合もあるというように、種々の程度がある。いずれにしても、過労に対しては、疲労を回復させることがだいじであり、多忙になりやすい現代では、1日の疲労を一晩で回復することは不可能でも、1週の疲労は休日で回復することに努めるなど、いわゆる生活の知恵が望まれる。また、疲れ(疲労感)は、種々の病気の全身症状としても自覚されることが多いため、回復しにくい疲労の場合、簡単に過労と自己診断することは危険で、医師の診察を必要とする。[渡辺 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の過労の言及

【疲労】より

…一般的には繰り返し力を出したり運動したときに,その結果,作業能力や運動能力が減退したときと解される。一方,学者によって多くの定義がなされ,たとえば大島正光によれば,〈主として主観的な感じで,客観的に計測される種々の現象,仕事の内容の変化などをもとにした抽象化された一つの約束される概念で,直接計測の対象になるものではない〉とされ,また,斎藤良夫によれば〈持続能力の困難性,休息要求や仕事への嫌悪感や逃避として体験され,一過性のものでなく持続した体験であり,過労を前もって予見される形で体験されるもの〉とされる。この場合,過労とは小木和孝によれば〈日常生活のさまたげになる後影響の生じた疲労,すなわち何らかの健康障害を生じ,最終的には労働や学習能力の損失をきたした状態〉をさす。…

※「過労」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

過労の関連キーワード医師の過労死・過労自殺B.B. ボルトウッド過労死等防止対策推進法微小血管狭心症改正労働基準法タクシー減車法過敏性腸症候群過労死防止大綱労働基準監督署過労死認定基準過労死ライン過労死防止法こむらがえり心臓神経症神経性下痢神経衰弱執着性格心悸亢進ゴルフ肘胃酸過多

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過労の関連情報