コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンフォーマルレーダ conformal radar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンフォーマルレーダ
conformal radar

目標の方位,高度,距離の測定を同時に行なえる最新型のレーダシステムの一つ。原理的にはフェーズドアレイレーダとよく似た方式であるが,アンテナ放射素子を,航空機の機体のような球面体の表面に配列する。それらのアンテナを総称してコンフォーマル (任意形状) と呼ぶ。このシステムの特徴は,従来の平面アンテナと比較すると広角ビーム走査が可能であるため,広範囲の目標の捕そく・追尾が可能であると同時に,マルチビーム形成ができるので,それぞれ独立したビームを使用して,同時多目標対処能力の向上が期待できる。また,任意形状のアンテナが実現できるため,ステルス用航空機のレーダシステムとしても期待されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android