コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーム びいむ

デジタル大辞泉の解説

ビーム(beam)

建築物の梁(はり)や桁(けた)。
光・電子などの粒子の、一定方向にそろった細い流れ。光束。また、電波の束。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ビーム【beam】

建造物の梁はり
光や電子の流れの束、または電波の束。光線。

ビーム【BIEM】

ビーム【BIEM】

フランス Bureau International des Sociétés Gérant les Droits d'Enregistrement et de Reproduction Mécanique〗
録音権協会国際事務局。音楽著作権のうち録音権と機械的複製権の保護を目的とする組織。1929 年設立。本部はパリ。ジャスラックは 1968 年に加盟し、運営に参画。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

知恵蔵miniの解説

ビーム

米国の大手酒造メーカー。2011年、米複合企業のフォーチュン・ブランズが擁していた蒸留酒部門が分離し設立された。「ジムビーム」「メーカーズマーク」「ラフロイグ」といったウィスキーの世界的ブランドを始め、ウオッカテキーラなど幅広く蒸留酒を手がけており、13年度の売上げは約25億ドルと蒸留酒の分野で世界4位。14年1月13日、サントリーホールディングスが、ビーム社の全株式を総額160億ドル(約1兆6500億円)で取得、買収することで合意したと発表。これによりサントリーは、蒸留酒の売上げで世界3位になる見通し

(2014-1-15)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーム
beam

粒子の集団または波長の短い波が共通の方向に,流れとなって進行するもの。電子ビームのような粒子線,光線,X線ビームなどはその例である。一定方向のビームを取出すにはスリット組合せなどを用い,また鏡,レンズ電磁レンズなどを用いて方向を変えたり,集束,発散させたりする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のビームの言及

【梁】より

…ビームともいう。建物,橋などにおいて,屋根,床などの荷重を支持するため,あるいは柱,壁などの鉛直部材を相互に連結補強するために水平にかけ渡される部材の総称。…

※「ビーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビームの関連キーワードNewtonブックNewton ToolkitUniFEPeMate 300リチャード・ノースコットeMateMessagePadNewton OSNewtonScriptApple MessagePad 130

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビームの関連情報