コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンプトン波長 コンプトンはちょうCompton wavelength

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンプトン波長
コンプトンはちょう
Compton wavelength

質量 m の粒子に対して h/mc をコンプトン波長という ( h はプランク定数,c は真空中の光速度) 。電子の場合には 2.426389×1012m である。これはコンプトン効果に関連した量である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のコンプトン波長の言及

【コンプトン効果】より

…その個々の衝突にエネルギーと運動量の保存則を適用することにより,X線の散乱角φと波長の延び⊿λとの実験値の関係を正しく再現する公式,を得ることができたのである。ここにm0は電子の静止質量で,h/m0c=2.426×10-12mは電子のコンプトン波長と呼ばれる。散乱によってX線の波長が延びる(コンプトン散乱と呼ばれる)(図1)のは,そのときX線が電子をはねとばしてエネルギーhνの一部を失うため振動数νが減るからである。…

※「コンプトン波長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンプトン波長の関連キーワード湯川ポテンシャルプランク質量相互作用核力電子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android