コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンポジット信号 こんぽじっとしんごう

3件 の用語解説(コンポジット信号の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンポジット信号

ビデオ(映像)信号を構成する輝度信号(Y)と色信号(C)を合成して扱う方式。通常は同期信号も同時に複合化される。受信側で再生する際には、それぞれの信号をY/C分離フィルターで分離させる必要がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コンポジット‐しんごう〔‐シンガウ〕【コンポジット信号】

composite signal》テレビやビデオの合成映像信号。カラーテレビでは、輝度・同期信号などにカラー信号を加えて合成したもの、白黒テレビでは、輝度信号と同期信号などを合成したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

コンポジットしんごう【コンポジット信号】

カラー-ビデオ信号の一。カラー映像信号の三原色の信号を多重処理し一つの複合信号としたもの。一般のテレビ機器の入出力はこの信号が用いられている。 ↔ コンポーネント信号

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンポジット信号の関連キーワードコンポーネント信号スキャンコンバータービデオキャプチャーYUVコンポジットビデオ信号NTSCS端子ビデオ三次元YC分離ハイバンドビデオ