コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狼煙 のろし

4件 の用語解説(狼煙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狼煙
のろし

石川県能登半島の北東端,珠洲 (すず) 市北端の地区。漁港があり,海岸段丘上の禄剛 (ろっこう) 崎には禄剛崎灯台があり,一帯は能登観光の拠点の1つとなっている。地名は近くの山伏山でのろしを上げ,日本海を航行する船の便をはかったことに由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のろし【狼煙/烽火】

合図や警報のために、薪(たきぎ)・火薬などを用いて高くあげる煙。とぶひ。ろうえん。
一つの大きな動きのきっかけとなるような、目立った行動。「改革の―が上がる」

ろう‐えん〔ラウ‐〕【×狼煙/××烟】

《昔、中国で狼(おおかみ)の糞(ふん)を入れて焼いたところから》のろし。狼火(ろうか)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

狼煙

石川県珠洲市にある道の駅。主要地方道大谷狼煙飯田線に沿う。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狼煙の関連情報