コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狼煙 のろし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狼煙
のろし

石川県能登半島の北東端,珠洲 (すず) 市北端の地区。漁港があり,海岸段丘上の禄剛 (ろっこう) 崎には禄剛崎灯台があり,一帯は能登観光の拠点の1つとなっている。地名は近くの山伏山でのろしを上げ,日本海を航行する船の便をはかったことに由来する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のろし【狼煙/烽火】

合図や警報のために、薪(たきぎ)・火薬などを用いて高くあげる煙。とぶひ。ろうえん。
一つの大きな動きのきっかけとなるような、目立った行動。「改革の―が上がる

ろう‐えん〔ラウ‐〕【×狼煙/××烟】

《昔、中国で(おおかみ)の糞(ふん)を入れて焼いたところから》のろし狼火(ろうか)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

狼煙

石川県珠洲市にある道の駅。主要地方道大谷狼飯田線に沿う。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

狼煙の関連キーワード廊・朗・郞・労・勞・廊・弄・朗・楼・樓・浪・漏・牢・狼・籠・老・聾・臘・蝋・蠟・郎・陋・露和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦巨大地震での静岡県の被害想定上げる・揚げる・挙げる鍵屋弥兵衛(初代)石川県珠洲市狼煙町狼煙・狼烟・烽火ノンフィクション石川県珠洲市萩原 すげ那智勝浦町珠洲(市)飛ぶ火・烽獅子吼城井上光晴若神子城森重都由勝浦温泉紀ノ松島笹尾塁

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狼煙の関連情報