コーオペラティブ・アドバタイジング(英語表記)cooperative advertising

DBM用語辞典の解説

コーオペラティブ・アドバタイジング【cooperative advertising】

メーカーと小売業との共同広告。メーカーが広告費用の全額または一部を負担する。広告の制作と実施はメーカーが行い、広告は小売店の名前で行われる。地方に限定することで、広告費用が節約できる。2つ以上のメーカーと小売業で行う共同広告を指す場合もある。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android