コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーオペラティブ・アドバタイジング cooperative advertising

1件 の用語解説(コーオペラティブ・アドバタイジングの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

コーオペラティブ・アドバタイジング【cooperative advertising】

メーカーと小売業との共同広告。メーカーが広告費用の全額または一部を負担する。広告の制作と実施はメーカーが行い、広告は小売店の名前で行われる。地方に限定することで、広告費用が節約できる。2つ以上のメーカーと小売業で行う共同広告を指す場合もある。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーオペラティブ・アドバタイジングの関連キーワードキングメーカーチャンスメーカームードメーカーメーカー品イメージメーカータイインタイインアドヒットメーカーマッチメーカーブックメーカー (bookmaker)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone