コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーサ

百科事典マイペディアの解説

コーサ

バントゥー諸語の南部ングニ語系の言語を話す民族。380万人(1980)。南アフリカ共和国東ケープ州東部を中心に居住する。その言語には独特のクリック(打舌音)がある。半農半牧の生活を営み,牛を婚資や先祖崇拝の儀式に使用していた。16世紀までに首長国を形成したが,18世紀後半以降,オランダ人植民者と衝突を重ねた。その後英国によって土地を侵食され続け,1877年に最後の抵抗を試みたが失敗し,英国の統治下に組み込まれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

コーサの関連キーワードウッタル・プラデーシュ[州]自由州(南アフリカ共和国)アジャータシャトルシュラーバスティースティショバイトプラセーナジットハービ カイテルワイルドコーストプレアニミズムカピラバストゥ南アフリカ文学レセディ文化村バントゥー諸語バッツァ王国トランスケイダシャラタ王ポンドランドコーサイトシリカ鉱物北ケープ州

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android