コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーシーの積分定理 コーシーのせきぶんていりCauchy's integral theorem

1件 の用語解説(コーシーの積分定理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーシーの積分定理
コーシーのせきぶんていり
Cauchy's integral theorem

コーシーの基本定理または単にコーシーの定理ともいう。複素変数の関数 f(z) が,複素平面上の単一閉曲線 C で囲まれた領域 D およびその周である C 上で連続,かつ D で正則ならば,積分路を C に沿って1周するようにとれば, が成り立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のコーシーの積分定理の言及

【関数論】より

この右辺は,f(z(t))z′(t)=U(t)+iV(t)と,実部,虚部に分けて得られるのことである。
[コーシーの積分(基本)定理]
 fが滑らかな単純閉曲線Cとその内部Dで正則ならば,
[コーシーの積分公式]
 f,C,Dは上と同じとし,さらにCDを左にみてまわっているとき,任意のaDに対し, 以上の二つは次のような一般化ができる。領域Dの境界Cは,Dを左にみてまわる単純閉曲線C1,……,Cnから成っているとき(図1),と解釈して,上述の二つの式が成り立つ。…

※「コーシーの積分定理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone