コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関数論 かんすうろん

6件 の用語解説(関数論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関数論
かんすうろん

「実変数関数論複素変数関数論」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんすう‐ろん〔クワンスウ‐〕【関数論】

変数複素数にまで広げて研究する解析学の一部門。複素関数論

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

関数論【かんすうろん】

正確には複素(変数)関数論。微分積分学の拡張で,複素変数の関数について微分,積分を研究する数学の部門。関数論では微分可能な関数を,普通の微分積分学と区別して正則関数または解析関数という。
→関連項目解析学実変数関数論楕円関数等角写像ピカールリウビル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんすうろん【関数論 theory of functions】

複素関数論ともいい,数学の中の解析学の一つの分野である。独立変数従属変数複素数であるような関数を複素関数というが,関数論はそのうち正則関数およびそれに関連する関数を対象とする。独立変数が2個以上のときは,とくに多変数関数論という。ここでは,w,zともに複素数である。1変数関数wf(z)の関数論を解説する。
[歴史]
 解析学において複素数を用いるという考えは,微分積分学の発見の直後からあったようであるが,これが盛んに用いられるようになったのは18世紀になってからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんすうろん【関数論】

変数も関数値も複素数であるような関数(特に解析関数)について研究する数学の一部門。フランスのコーシー、ドイツのリーマンなどによって創始された。複素関数論。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関数論
かんすうろん

関数の考えを、複素数zを変数とし、複素数の値をとる関数にまで広げて、微分や積分を考えると、普通の微分・積分と違った、おもしろい、また役にたつ性質をもつばかりでなく、微分・積分の定理を統一的に考えることができるようになる。このような数学の研究領域を関数論または複素関数論といい、フランスコーシードイツリーマンワイアシュトラースらによって始められた。
 w=f(z)を複素平面の、ある領域Dで定義された複素数の値をとる関数とし、z0における微分係数を(極限値が存在するとき)

によって定義し、

などと表す。この定義は、普通の微分における定義と同じであるが、複素数を実部と虚部に分けて、
  z=x+iy, f(z)=u(x,y)+iv(x,y)
と表すと、z0=x0+iy0において微分可能になる必要十分条件は、2変数(x,y)の関数と考えたu(x,y), v(x,y)が(x0,y0)で全微分可能、しかも、

が成り立つことである(コーシー‐リーマンの微分方程式)。
 領域Dの各点で微分可能なとき、この関数はDにおいて正則であるという。複素関数w=f(z)は、複素平面の点z=x+iyをw=u+ivに写す変換と考えられるが、正則関数の一つの性質として、f′(c)≠0ならば、点cを通る二つの曲線C1、C2はw平面のf(c)を通る二つの曲線Γ1、Γ2に写されるが、このとき、cにおいてC1、C2のつくる角は、f(c)において、Γ1、Γ2のつくる角に等しい()。この性質を正則関数の表す変換の等角性といい、流体力学、電磁気学などで利用される。
 領域D上の正則関数f(z)の積分を次のように定義する。D内に値をとる滑らかな曲線Cをz(t) ; a≦t≦bと表すとき、

を、曲線Cに沿っての積分といい、

と書く。CがD内の単純閉曲線ならば、とくに、コーシーの積分定理

が成り立つ。これから、正則関数の多くの有用な定理が導かれる。たとえば、Cの内部にある点cに対し、

が成り立ち(コーシーの積分定理)、これから、正則関数は何回でも微分可能であり、テーラー展開ができて、cの近くで、

と表されることがわかる。閉曲線C内に正則でない点(特異点という)aがあるとき、

は0になるとは限らない。aがC内のただ一つの特異点のとき、上の値を関数f(z)のaにおける留数(りゅうすう)という。留数は積分の値を計算しなくても、

が有限確定ならば、この値がaにおける留数に等しい。したがって、この極限値を用いて積分の値を求めることができる。
 これは、普通の実関数の定積分を求めるのによく用いられる。[洲之内治男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の関数論の言及

【コーシー】より

…ことにコーシーの名を数学史上不朽のものにしたのは,複素数を変数とする関数の線積分に関するもので,1814年から50年にかけてはぐくまれたものである。後世,関数論と名付けるものを基礎づけたもので,このときに樹立されたものを関数論における基本定理と名付けている。【小堀 憲】。…

※「関数論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関数論の関連キーワード応用数学解析学実関数論実変数関数論スメール高等数学複素関数ガウスの複素関数《解析関数論》複素関数論

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関数論の関連情報