コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーチウ(箇旧)市 コーチウGejiu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーチウ(箇旧)〔市〕
コーチウ
Gejiu

中国西南地方,ユンナン (雲南) 省南東部にある鉱工業都市。ホンホー (紅河) ハニ (哈尼) 族イ (彝) 族自治州の行政中心地。ティエントン (滇東) 高原にあり,世界最大といわれる錫の鉱床がある。古くから採掘されていたが,清代末から箇旧錫務公司,次いで官民合弁の錫冶公司が採掘にあたった。人民共和国成立後は国営となり,鉱区と精錬所の拡張,新設が進んだ。錫都の別名がある。鉛やアルミニウムの精錬も行われ,化学工業も盛んで,特にリン酸肥料の生産が多い。また製糖農機具,電機などの工場も立地。火力発電所もある。クンホー (昆河) 鉄道から分岐するコーピーシー (箇碧石) 鉄道が通じている。人口 38万 4569 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コーチウ(箇旧)市の関連キーワードホンホー(紅河)ハニ(哈尼)族イ(彜)族自治州ティエントン(滇東)高原モンツー(蒙自)県ユンナン(雲南)省