コーンウォリス砦(読み)コーンウォリスとりで

世界の観光地名がわかる事典の解説

コーンウォリスとりで【コーンウォリス砦】

マレーシアのペナン島北東端にある砦跡。砦のある場所は、ペナンの発見者であるイギリス人フランシス・ライトが1786年に上陸した地点で、1786年にイギリス軍により、外国勢力や海賊から島を守るために造られた。当時は木の防御柵の砦だったが、1810年ごろに囚人労働者によって石壁の砦に改築された。現在、砦跡には巨大な石垣とマラッカ海峡砲門を向けたオランダ製の大砲が残っている。また、砦跡内のメモリアルギャラリーには、当時の要塞見取り図などの資料が展示されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android