砲門(読み)ホウモン

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐もん ハウ‥【砲門】

〘名〙
砲身のつつぐち。火砲のつつさき。
※銃後(1913)〈桜井忠温〉五「砲(ハウモン)の蓋を開けてゐた」
② 堡塁・障壁・艦船などに設けた火砲の射撃口。砲眼(ほうがん)
航米日録(1860)二「砲台三町あり〈略〉砲門三層なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android