コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴクラクチョウカ(極楽鳥花) ゴクラクチョウカStrelitzia reginae; bird-of-paradise flower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)
ゴクラクチョウカ
Strelitzia reginae; bird-of-paradise flower

バショウ科の多年草。ストレリッチアともいう。原産は南アフリカのケープ地方。切り花や鉢植など観賞用に温室で栽培される。地下に太い根茎があり,ここから直接根生する葉は高さ 1mほどでバショウの葉に似ている。花茎は高さ1~2m,先端に大きな包葉を斜上してつける。この包葉は質が硬く,長さ 15cmほどで緑色,基部は紫色を帯び,また緑の部分は赤や黄を帯びて美しい。この包葉の中から6~8個の花を上向きにつける。外花被片3枚は黄色,内花被片は舌状で明るい青色をし,包葉とともにはなやかな色彩で著名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)の関連キーワードストレリチア

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android