コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴジュンバカン Ngojumba Kang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴジュンバカン
Ngojumba Kang

ヒマラヤ山脈中部,クーンブヒマール (エベレスト山群) に属する高峰。標高 7806m。ネパールと中国チベット (西蔵) 自治区との国境稜線上にある。チョオユ,ギャチュンカンと並んでゴジュンバ氷河の奥に位置する。西からI峰 (7806m) ,II峰 (7646m) ,III峰 (7601m) と並ぶ。 1965年4月,日本の明治大学登山隊 (隊長渡辺操) がゴジュンバ氷河から入り,植村直己らが II峰の初登頂に成功した。 82年に韓国=ネパール合同隊 (隊長パク=ドン=ギュ) がI峰に初登頂。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android