コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドン ドン Donn, Jorge

6件 の用語解説(ドンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドン
ドン
Donn, Jorge

[生]1947.2.28. ブエノスアイレス
[没]1992.11.30. ローザンヌ
アルゼンチン生れの舞踊家。ロシア系の両親のもとに生れる。コロン劇場バレエ学校で学んだのち,1963年 M.ベジャール20世紀バレエ団に入団,すぐにソリストとなる。ベジャールの創作意欲を駆りたて,体現する存在として,その作品の多くに主演した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドン(〈スペイン〉・〈イタリア〉Don)

スペイン・イタリアなどで、男性の姓または姓名の前につける敬称。「ドンキホーテ」「ドンファン」「ドンジョバンニ」
首領。ボス。「政界のドン
[補説]もとは貴族の出身を示し、フランスの「ド」、ドイツの「フォン」などに対応する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ドン

サンリオのキャラクターシリーズ「ゴロ・ピカ・ドン」のメインキャラクター。カミナリの国にすむ男の子。緑色の髪の毛で、頭のてっぺんに角がある。虎柄のパンツをはいている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ドン【don】

スペインなどで、男性の名前の前につける敬称。 「 --キホーテ」 → セニョール
首領。親分。実力者。 「暗黒街の-」

ドン【Don】

ロシア連邦の南西部にある河川。中央ロシア高地に源を発し、南流してアゾフ海に注ぐ。河口付近にロストフがある。長さ1970キロメートル。ボルガ-ドン運河でボルガ川に連結。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドン
どん
Jorge Donn
(1947―1992)

舞踊家。ブエノス・アイレス生まれ。テアトロ・コロン附属バレエ学校でダンスと演劇を学び、13歳で初舞台を踏む。1963年、モーリス・ベジャール率いるベルギー国立二十世紀バレエ団の南米公演に感激し、同年ブリュッセルのベジャール主宰ムードラ研究所を経て、同バレエ団に入団した。66年にトップ・ソリストに昇格し、ベジャールの作品に欠かせない存在となった。76年から芸術監督ベジャールの代理を務め、81年には芸術監督に就任した。87年にバレエ団がスイスのローザンヌに移転し、ローザンヌ・バレエ団となってからも、ベジャール作品の美学をもっとも体現するダンサーとして活躍した。『ニジンスキー・神の道化』(1971)、『愛が私に語りかけるもの』(1974)、『我々のファウスト』(1975)、『ペトルーシュカ』(1977)など、しなやかな肢体と確かな技術に裏付けられた独特のエロティシズムで多くの観客を魅了した。日本でも1979年に『ボレロ』を踊り衝撃的に紹介された。その後たびたび来日し、91年には歌舞伎(かぶき)の坂東玉三郎と自作品『生のための死』を共演している。男性舞踊家の新しいイメージをつくりあげ、エイズに倒れた後もその美しさは伝説的に語られている。映画『愛と悲しみのボレロ』(C・ルルーシュ監督)に出演し、1968年にブエノス・アイレスの批評家賞を受賞した。[國吉和子]
『M・ベジャール著、前田允訳『舞踊のもう一つの唄』(1998・新書館) ▽『ダンスマガジン――ドン、ニジンスキーを踊る』(1991・新書館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のドンの言及

【歌舞伎】より

… 浪音(なみおと)波が寄せてくるさまを表現する囃子。大太鼓を長桴(ながばち)で〈ズドンズドン〉と打って波頭を表し,続けて左桴は革に当てたまま右桴で下から刻み上げてくる。〈(さざなみ)〉〈大波〉などの種類がある。…

※「ドン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドンの関連キーワードシリングレアルエスクード欧州通貨単位ペセタ封度通貨のコンバーターペソ(peso)アジア通貨単位(ACU=アキュ)銭(通貨単位)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドンの関連情報