コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴニアタイト goniatite

1件 の用語解説(ゴニアタイトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゴニアタイト【goniatite】

絶滅頭足類アンモナイト亜綱のうち,古生代に栄えた祖先型の一群で,分類上は目Goniatitidaを構成する。いわゆる稜角石類で,縫合線はアンモナイト中最も単純なゴニアタイト型を基本型としており,これの複雑化したものも含む。原始的でデボン紀だけにいたアナルセステス亜目Anarcestinaと,この子孫で石炭紀~二畳紀に分化発達するゴニアティテス亜目Goniatitinaとプロレカニテス亜目Prolecanitinaの2系統がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴニアタイトの関連キーワードアンモナイト新生代中生代頭足類腕足類アンモン貝旧古生代新古生代マンモナイトグリオッテ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone