コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴニアタイト goniatite

世界大百科事典 第2版の解説

ゴニアタイト【goniatite】

絶滅頭足類アンモナイト亜綱のうち,古生代に栄えた祖先型の一群で,分類上は目Goniatitidaを構成する。いわゆる稜角石類で,縫合線はアンモナイト中最も単純なゴニアタイト型を基本型としており,これの複雑化したものも含む。原始的でデボン紀だけにいたアナルセステス亜目Anarcestinaと,この子孫で石炭紀~二畳紀に分化発達するゴニアティテス亜目Goniatitinaとプロレカニテス亜目Prolecanitinaの2系統がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴニアタイトの関連キーワードオットー・H. シンデウォルフゴニアタイト類シンデウォルフセラタイト類ペリニテス

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android