コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴミ税 ゴミぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴミ税
ゴミぜい

ふえ続けるゴミに対して自治体課税という形で対処しようとする構想。特定の物品の製造あるいは流通に対して課税し,処理コストを一部肩代りさせるタイプと,ゴミの量そのものを減らしリサイクルへの関心を高めるために,出されるゴミの量に応じて課税するタイプが考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android