コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴム版 ゴムばんrubber plate

世界大百科事典 第2版の解説

ゴムばん【ゴム版 rubber plate】

天然ゴムや合成ゴムで作った印刷版ゴム印(ゴム判)は捺印用として普及しているが,ゴム版といえば印刷用の版を指す。ゴムは弾性があるので,表面の粗い紙で作ったセメント袋や段ボールなどへの印刷をはじめ,パラフィン紙などへの印刷にも利用される。一般にフレキソ印刷(アニリン印刷)と呼ばれる印刷法の版として用いられる。印刷面に強く接触させると,細い画線や網点がゆがむという欠点があるので,ごく軽い圧力で印刷を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴム版の関連キーワードフレキソグラフ印刷プラスチック印刷小野田由紀子ナンシー関布地印刷高野力哉凸版

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴム版の関連情報