コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルツの反射 ゴルツのはんしゃGoltz’ reflex

世界大百科事典 第2版の解説

ゴルツのはんしゃ【ゴルツの反射 Goltz’ reflex】

腹部を打つことによって,心臓の拍動が抑えられる反射性反応をいう。心臓の機能は種々の求心性情報によって反射性に調節される。求心性情報としては,血管内圧受容器,血管内化学受容器,各種内臓,皮膚,眼球などからの情報がたいせつである。ゴルツFriedrich L.Goltz(1834‐1902)は,カエルを用いて腹部壁をピンセットとか適当な棒で数回軽くたたくと心臓の拍動が減じたり,また停止することを見いだした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android