ゴルツの反射(読み)ゴルツのはんしゃ(英語表記)Goltz’ reflex

世界大百科事典 第2版の解説

ゴルツのはんしゃ【ゴルツの反射 Goltz’ reflex】

腹部を打つことによって,心臓の拍動が抑えられる反射性反応をいう。心臓の機能は種々の求心性情報によって反射性に調節される。求心性情報としては,血管内圧受容器,血管内化学受容器,各種内臓,皮膚眼球などからの情報がたいせつである。ゴルツFriedrich L.Goltz(1834‐1902)は,カエルを用いて腹部壁をピンセットとか適当なで数回軽くたたくと心臓の拍動が減じたり,また停止することを見いだした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android