コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐脈 じょみゃくbradycardia

翻訳|bradycardia

5件 の用語解説(徐脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐脈
じょみゃく
bradycardia

心臓の拍動数が異常に減少する状態で,普通は脈拍数が1分間 60以下になる。病的なものとはかぎらないが,循環器系の症状として現れることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

徐脈

 脈もしくは心拍数が毎分50拍未満の状態.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょみゃく【徐脈】

脈拍数が一分間六〇以下に減少した状態。病気や薬物によるもののほかに、スポーツマンに見られるものがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徐脈
じょみゃく
bradycardia

脈拍数が1分間に60以下のものをいう。迷走神経副交感神経)の緊張による洞性徐脈は、スポーツ心臓や高齢者などにみられる。心臓のペースメーカーとして働く洞結節部の機能低下や、洞房ブロック(洞結節と心房間の刺激伝導障害)によっても、毎分40~60のいわゆる房室結節調律をきたす。また完全房室ブロック(心房と心室間の完全刺激伝導障害)のときには、毎分30前後の脈拍数を示す。触診でまず徐脈の診断がついたら、心電図によって徐脈の原因や種類を調べる必要がある。病的な原因によらないものは放置してよいが、洞房ブロックや完全房室ブロックによるものなどでは、人工ペースメーカーの装着が必要となるものが多い。ほかに、高血圧症などの治療に用いられる交感神経受容体ブロッカーなどの薬剤によるものがある。この場合、服用薬剤を検討し変更しなければならない。[木村和文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の徐脈の言及

【脈拍∥脈搏】より

…頻脈はこのような生理的原因以外では,心臓の刺激伝導系の障害による不整脈によっても起こり,150~200を超えることも珍しくない。一方,脈拍が少なくなり,成人で毎分50以下になるものを徐脈という。正常な場合でも,睡眠中には50以下になることがあるが,30以下になると,種々の障害を生じる。…

※「徐脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徐脈の関連情報