コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルム[老王] Gorm den Gamle

1件 の用語解説(ゴルム[老王]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゴルム[老王]【Gorm den Gamle】

?‐940ころ
デンマーク王。統治年代ははっきりしていない。ノルマンディーまたはノルウェーから渡来,地方豪族を排除しつつ,ユトランド半島へ勢力を拡大した。息子のハーラル(のち青歯王とよばれた)と共同統治していた935年に,イェリングを訪問したハンブルクブレーメン大司教ウンニに対し,キリスト教受容を拒絶したという記録が残っている。妻チューラTyraを記念し建立した彼のルーン石碑がイェリングの教会に現存する。【牧野 正憲】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のゴルム[老王]の言及

【イェリング】より

…二つの古墳,二つのルーン石,列柱石によって三角に囲われた〈聖域〉,今日の教会の下にのこされた最初期の木造教会と,さらにその下の異教神殿跡がある。ルーン石の一つはゴルム老王が妃テューレThyreのために,もう一つはハーラル青歯王Harald Blåtand(?‐986ころ)が父ゴルムとテューレのために立てたもの。そこでハーラルは〈デンマークとノルウェーをわがものとし,デーン人をキリスト教徒とした〉と誇っている。…

※「ゴルム[老王]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴルム[老王]の関連キーワードクヌートダンマルクデンマーク語デンマーク体操スケーエンデンマーク連合王国デンパークハンマー・オブ・エデンフライト・トゥ・デンマークデンマーク温血種 (Danish Warmblood)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone