コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルム[老王] Gorm den Gamle

世界大百科事典 第2版の解説

ゴルム[老王]【Gorm den Gamle】

?‐940ころ
デンマーク王。統治年代ははっきりしていない。ノルマンディーまたはノルウェーから渡来,地方豪族を排除しつつ,ユトランド半島へ勢力を拡大した。息子のハーラル(のち青歯王とよばれた)と共同統治していた935年に,イェリングを訪問したハンブルク・ブレーメン大司教ウンニに対し,キリスト教受容を拒絶したという記録が残っている。妻チューラTyraを記念し建立した彼のルーン石碑がイェリングの教会に現存する。【牧野 正憲】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のゴルム[老王]の言及

【イェリング】より

…二つの古墳,二つのルーン石,列柱石によって三角に囲われた〈聖域〉,今日の教会の下にのこされた最初期の木造教会と,さらにその下の異教神殿跡がある。ルーン石の一つはゴルム老王が妃テューレThyreのために,もう一つはハーラル青歯王Harald Blåtand(?‐986ころ)が父ゴルムとテューレのために立てたもの。そこでハーラルは〈デンマークとノルウェーをわがものとし,デーン人をキリスト教徒とした〉と誇っている。…

※「ゴルム[老王]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android