渡来(読み)とらい

精選版 日本国語大辞典「渡来」の解説

と‐らい【渡来】

〘名〙 海を渡ってくること。外の国からもたらされること。舶来
※江談抄(1111頃)四「故賢相仏云。白氏文集一本詩。渡来在御所。尤被秘蔵
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「嘉永年中『ペルリ』渡来の事あり」

わたり‐・く【渡来】

〘自カ変〙 渡って来る。やって来る。
※万葉(8C後)一九・四二六四「四(よつ)の船 船の舳並べ 平らけく 早や渡来(わたりき)て 返り言 奏さむ日に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android