渡来(読み)とらい

精選版 日本国語大辞典「渡来」の解説

と‐らい【渡来】

〘名〙 海を渡ってくること。外の国からもたらされること。舶来。
※江談抄(1111頃)四「故賢相仏云。白氏文集一本詩。渡来在御所。尤被秘蔵
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「嘉永年中『ペルリ』渡来の事あり」

わたり‐・く【渡来】

〘自カ変〙 渡って来る。やって来る。
※万葉(8C後)一九・四二六四「四(よつ)の船 船の舳並べ 平らけく 早や渡来(わたりき)て 返り言 奏さむ日に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「渡来」の解説

と‐らい【渡来】

[名](スル)遠く外国から渡ってくること。「シベリアから渡来するハクチョウ」「南蛮渡来

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android