コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンヅ岩 ゴンヅがんgondite

岩石学辞典の解説

ゴンヅ岩

スペサタイト石英片岩で,マンガンを含む堆積岩変成作用によって形成されたものと考えられる岩石.中央インドに広く分布し,マンガンを含む鉱物類を特徴とする結晶片岩.代表的なものはマンガン石榴石,石英を主成分とし,寄木状(granoblastic)組織を特徴とする岩石[Fermor : 1909].その他にマンガンを含む輝石,角閃石,紅簾石,菱マンガン鉱薔薇輝石などを含む岩石があり,これらの結晶片岩類をまとめてゴンヅ岩系(gondite-series)と呼ぶ.インドのゴンヅ(Gonds)地方に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone