コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンペルツ Gomperz,Theodor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴンペルツ
Gomperz,Theodor

[生]1832.3.29. ブルノ
[没]1912.8.29. バーデンバイウィーン
オーストリアの哲学者,古典学者。チェコに生れ,ブルノ,ウィーン両大学に学び,H.ボーニッツの指導を受けた。 1873~1901年ウィーン大学教授。主著"Griechische Denker: eine Geschichte der antiken Philosophie" (2巻,1893~1902) 。

ゴンペルツ
Gomperz,Heinrich

[生]1873.1.18.
[没]1942.12.27.
オーストリアの哲学者。 T.ゴンペルツの息子。 1920~34年ウィーン大学教授,36年ロサンゼルス大学教授。主著"Weltanschauungslehre" (2巻,1905~08) ,"Interpretation,Logical Analysis of a Method of Historical Research" (39) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴンペルツの関連キーワードゴンペルツの公式信頼度成長曲線メイクハム仮説経験批判論成長曲線世界観

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android