ゴールデン・トレジャリー(英語表記)The Golden Treas-ury

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

F.T.ポールグレーブ編纂の有名な英選。正式名は The Golden Treasury of English Songs and Lyrics。 1861年刊。愛誦に値する歴代の比較的短い抒情詩,歌謡を集めている。4巻に分れ,それぞれ 16,17,18,19世紀前半と時代別になっているが,各巻内の配列年代順によらず,主題の展開におけるシンフォニー的効果をねらったと説明されている。ポールグレーブは時の桂冠詩人テニソンのすすめでこの編纂を始めたが,まず A.チャーマーズの『英詩人体系』から選んだ候補作品をふるいにかけ,テニソンの意見を取入れて最終的な選定がなされた。 96年にビクトリア朝の詩を収める『第2集』が刊行されたが不評であった。本巻のほうは数多い詞華集のなかで古典的な地位を占めて今日にいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android