愛誦(読み)アイショウ

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐しょう【愛誦】

〘名〙 特定の詩や歌、または文章などを好んで、常に朗読したり、口ずさんだりすること。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「四角四面な修身談は、駒井先生の殊に愛誦して居られたブルターク英雄伝の講演になる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android