サイクルスチール(英語表記)cycle steal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイクルスチール
cycle steal

コンピュータの主記憶装置読み書き (read-write) が周期的に行われるが,この主記憶装置を利用したいという装置がいくつもあって (演算装置,チャンネルなど) ,同時に主記憶装置にアクセスする場合が出てくる。したがって読み書きの1周期が終了としたとき,次にどの装置が主記憶装置にアクセスできるかはタイミングによる。中央処理装置が主記憶装置に要求を出す間隙を縫って外部装置が主記憶装置の1周期をとってデータの入出力を行うことを繰返し,主記憶装置を利用する方法をサイクルスチールによるメモリアクセスという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android