サイラス=ラパムの向上(読み)サイラスラパムノコウジョウ

デジタル大辞泉の解説

サイラスラパムのこうじょう〔‐のカウジヤウ〕【サイラス=ラパムの向上】

《原題The Rise of Silas Laphamハウエルズの小説。1885年刊。貧しい青年サイラスが事業に成功して上流社会に入ろうとするが挫折、やがて精神的な向上を目指すようになる姿を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android