挫折(読み)ざせつ(英語表記)Scheitern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

挫折
ざせつ
Scheitern

ヤスパースの哲学における基本的概念で,人間がもはやその悟性や意志によって離脱することのできない限界状況,すなわち死,苦悩,闘争および責任などに直面する際に出現する宿命的な経験をいう。この折の経験において,むしろ現存在は一層深く開明され,同時に包越者にいたる道が暗号として現れる (→暗号解読 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ざ‐せつ【挫折】

[名](スル)仕事や計画などが、中途で失敗しだめになること。また、そのために意欲・気力をなくすこと。「資金不足で事業が挫折する」「挫折感」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざせつ【挫折】

( 名 ) スル
事業や計画などが途中でだめになること。 「事業が-する」 「 -感」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

挫折の関連情報