コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サガリテス Sagarites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サガリテス
Sagarites

海綿動物門尋常海綿綱モノアクソニダ目に属するものと考えられている化石動物(→海綿動物)。ケイ質一軸針からなる直径 5mm程度の管状を呈する化石で,長さ 50mmにも達する。日本では新第三系中新統上部の,特に泥岩中によく発見される。多くの場合折れて短い管状を呈する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サガリテス【Sagarites】

日本の新第三系の泥質岩に多産する海綿動物門の1属。サガリテスの名前は静岡県相良(さがら)地域に発達する中新統相良層から最初に報告されたことに由来している。しかし,この属名はすでに先取されていたことがわかり,現在はマキヤマMakiyamaの属名で呼ばれている。骨格は管状で,その長さは最大5cm,直径は5mmである。まれに分岐がみられる。管状骨格の先端には孔があり,これは海綿動物に一般的な流出溝とみなされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

サガリテスの関連キーワード船川層

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android