コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

模式標本 もしきひょうほんtype specimen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

模式標本
もしきひょうほん
type specimen

基準標本ともいう。分類学上,種や亜種の学名を命名する際にタイプと決められた標本のことで,個体分類を行ううえで最も重要な標本であり,他の標本を正確に同定する際にも不可欠のものである。次のようなものがある。 (1) ホロタイプ holotype 真の基準になる標本で,命名者がそれに基づいて命名,記載した唯一のもの。 (2) パラタイプ paratype ホロタイプと一緒に用いて命名,記載した標本で,ホロタイプに含まれる重複標本ではない。 (3) シンタイプ syntype 発表者が何個もの標本を用いて記載した場合,それらの標本全体をさす。 (4) ネオタイプ neotype 最初に命名,記載したときに用いた標本が失われて,研究者が適正標本を補充した場合をさす。 (5) アイソタイプ isotype ホロタイプの重複標本。 (6) レクトタイプ lecttype シンタイプから,のちの研究者が1つを特に選んだ場合であり,ホロタイプと同様にみなされる。 (7) トポタイプ topotype ホロタイプと同一産地からあとになって採集した標本。 (8) クラストタイプ clastotype ホロタイプの一部を分けたもの。 (9) メロタイプ merotype ある個体から一部を取ってホロタイプを作成したとき,残りの部分を栄養増殖させて得た標本。 (10) コタイプ cotype 命名,記載をするにあたって用いた多くの標本のうち,ホロタイプとしたもの以外のすべてをこのようにいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

模式標本
もしきひょうほん
typetype-specimen

生物の種、亜種、型などに学名を与えたときに、その基礎になった標本をいう。新たに種などに命名し記載(記述)する際には、通常複数の模式標本を指定するが、そのなかでもっとも基準となる一標本を完模式標本holotype、ほかを副模式標本paratypeとし、それらを区別しないときにはおのおのを総模式標本syntypeとよぶ。また、完模式標本と性を異にする一標本を別模式標本allotypeとして指定することもあるが、雌雄で色彩、形態などを異にするときには有効であろう。完模式標本が指定されなかった場合に、総模式標本のなかからのちに一標本を選んで基準とすることがあるが、これは後模式標本lectotypeで、ほかのものは後副模式標本paralectotypeとなる。また、命名されたときに指定された模式標本が種々の事情ですべて失われたと認められた場合には、形態や産地など諸条件を考慮して適当な標本を新模式標本neotypeに選ぶことができる。なお、新しい動物命名規約では、命名に際して基になった全標本を模式標本群type series、基準となる完模式、後模式、新模式および総模式の各標本を冠名模式標本name-bearing typeとよんでいる。ほかに完模式標本と同産地の副模式標本を同地副模式標本paratopotypeとよぶことがあり、以前は総模式標本と同じ意味でcotypeが使われていた。植物の場合は模式標本に別の訳語があてられている。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

模式標本の関連キーワードオリーブ銅鉱(データノート)コムプソグナトゥスショウジョウエビスピノサウルスアーマルコ石ナウマンゾウ現地模式標本基準標本

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android