コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクナ

デジタル大辞泉プラスの解説

サクナ

沖縄県に自生するセリ科の植物。和名を「ボタンボウフウ」といい、内臓器官に効果がある薬草として根を煎じて飲んだり、茎や葉を和え物にしたり、汁の実などにして食する。別名「長命草」。「サクナ」は沖縄本島での名称で、地域により「チョーミーグサ」「ウプバーサフナ」などともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android