コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクナ

1件 の用語解説(サクナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

サクナ

沖縄県に自生するセリ科の植物。和名を「ボタンボウフウ」といい、内臓器官に効果がある薬草として根を煎じて飲んだり、茎や葉を和え物にしたり、汁の実などにして食する。別名「長命草」。「サクナ」は沖縄本島での名称で、地域により「チョーミーグサ」「ウプバーサフナ」などともいう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サクナの関連キーワードゲンチアナ寒帯植物救荒植物隈笹牛尾菜自生植物クヮンソウシークヮーサーニガナ沖縄県名護市名護

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サクナの関連情報