コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクナ

デジタル大辞泉プラスの解説

サクナ

沖縄県に自生するセリ科の植物。和名を「ボタンボウフウ」といい、内臓器官に効果がある薬草として根を煎じて飲んだり、茎や葉を和え物にしたり、汁の実などにして食する。別名「長命草」。「サクナ」は沖縄本島での名称で、地域により「チョーミーグサ」「ウプバーサフナ」などともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android