コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ササン・ガラス Sasanian glass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ササン・ガラス
Sasanian glass

3~7世紀頃に栄えたササン朝ペルシアで作られたガラス容器。最大の特色は器の外壁全面にカット,押し型手法による円形の文様が,凸文あるいは凹文で装飾されている点で,素地は緑,青色,薄い褐色で単色透明のものが多い。当時大量に作られて世界各地に伝播したらしく日本,朝鮮,中国,中央アジアコーカサス,南ロシアなど広範な地域から出土している。日本の代表的遺品として正倉院蔵の白瑠璃 (るり) 碗,紺瑠璃坏,白瑠璃高杯,および安閑天皇陵出土,東京国立博物館蔵の白瑠璃碗が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のササン・ガラスの言及

【ガラス工芸】より


[イスラム・ガラス]
 ローマン・グラスの衰退とは対照的に,西アジアのササン朝では4世紀ころより王室工房を中心に,高水準のカット・グラス器や円文装飾のガラス製品が優れたデザイン管理のもとに大量生産され,広く国外に貿易されていった。このササン・ガラスと全盛を極めたローマン・グラスの双方の伝統をともに継承したのが,シリア海岸のガラス産地やダマスクス,アレクサンドリアなどを中心地とするイスラム・ガラスである。巨大な地域を勢力圏に収めたイスラム世界では,ガラス工芸が〈イスラムの華〉と称揚されていることからもうかがえるように,かつてなかったほど高度の発達を遂げた。…

※「ササン・ガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ササン・ガラスの関連キーワードテヘラン国立考古博物館

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android