コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サジオモダカ(匙面高) サジオモダカAlisma plantago-aquatica var. orientale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サジオモダカ(匙面高)
サジオモダカ
Alisma plantago-aquatica var. orientale

オモダカ科の多年草で,アジア東部の温帯に分布する。沼や浅い水中に生える。8~9月に,大きな円錐花序を出し白色の小花をつける。オモダカ同様3枚ずつの外花被片と内花被片があるが,おしべは6本,めしべは多数ある。利尿・止渇剤として用いられる。葉の形がさじに似ているため,この名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サジオモダカ(匙面高)の関連キーワードヘラオモダカ(篦面高)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android