サジオモダカ(匙面高)(読み)サジオモダカ(英語表記)Alisma plantago-aquatica var. orientale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「サジオモダカ(匙面高)」の解説

サジオモダカ(匙面高)
サジオモダカ
Alisma plantago-aquatica var. orientale

オモダカ科多年草で,アジア東部の温帯に分布する。や浅い水中に生える。8~9月に,大きな円錐花序を出し白色の小花をつける。オモダカ同様3枚ずつの外花被片と内花被片があるが,おしべは6本,めしべは多数ある。利尿・止渇剤として用いられる。葉の形がさじに似ているため,この名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android