コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オモダカ科 オモダカか Alismataceae

2件 の用語解説(オモダカ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オモダカ科
オモダカか
Alismataceae

単子葉植物イバラモ目の1科。全世界に 13属 90種ほどが分布し,淡水中や沼沢地などに生える。いずれも多年草で,地下に短い根茎をもつ。葉は根もとからロゼット状に叢生し,沈水したり水面に浮くものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オモダカ科
おもだかか
[学]Alismataceae

単子葉植物。水中または水湿地に生える多年草。根出葉は長い柄(え)があり、葉身は線形、矢じり形、卵形で抽水性、浮水性または沈水性。葉脈は明瞭(めいりょう)、花は両性または単性で、花序は総状か円錐(えんすい)状。花被(かひ)は放射相称で子房上位、萼片(がくへん)3枚は宿存、花弁3枚、雄しべ多数、雌しべは6本または多数で離生。子房1室で1胚珠(はいしゅ)があり、無胚乳種子をもつ痩果(そうか)をつくる。熱帯から温帯に約14属100種分布する。[大滝末男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オモダカ科の関連キーワード子葉双子葉植物単子葉植物平行脈外種皮禾本科鬚根網状脈単子葉類ヤシ(椰子)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オモダカ科の関連情報