コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サット・マハル・パーサーダ Sat Mahal Pāsāda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サット・マハル・パーサーダ
Sat Mahal Pāsāda

スリランカのポロンナールワにある層塔式の仏教建築遺構。正方形の基壇をもつピラミッド形7階建ての煉瓦造塔建築で,その形態から,クメール人の高塔建築との関係説,ストゥーパ (仏塔) の変形説,中国の仏塔との関連説などがある。周囲にはワタ・ダー・ゲー,トゥーパーラーマ,ハタ・ダー・ゲーなどの仏教建築遺構がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android