コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サット・マハル・パーサーダ Sat Mahal Pāsāda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サット・マハル・パーサーダ
Sat Mahal Pāsāda

スリランカのポロンナールワにある層塔式の仏教建築遺構。正方形の基壇をもつピラミッド形7階建ての煉瓦造塔建築で,その形態から,クメール人の高塔建築との関係説,ストゥーパ (仏塔) の変形説,中国の仏塔との関連説などがある。周囲にはワタ・ダー・ゲー,トゥーパーラーマ,ハタ・ダー・ゲーなどの仏教建築遺構がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android